スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
何か、色々悲しくなったので。
就寝命令を破り。

なんか、色々悲しくなったから

ジェオに恋人について色々語らせようと思う。
いや、色々とこう、 背後的にはやきもきいらいらしてるの。。。!




「……あの…。  なんか、 いきなり回されたんだけども、マイク。

 困るんだけども。  え?   …相手について語れ!? 何で!?」


―――― 背後が面白いからに決まって居ろう。


「…なるほど そういう魂胆か。 ……まあ、良いけども。

 で、オレに何を話せと?」



―――― なれそめ。


「―――― はっ!?」


とまあ、これから先は、読んでも楽しくない人もいるかも(笑)
なので一応隠します。w
そして無駄に超長い!


「…なれそめ、か。 出会ったのは酒場(雑談)だったとおもう。」

「…なんか、…こう、……儚げなヤツがいるなぁ、って それが第一印象だったかな。」



―――― 好きになったのはいつ?


「―――― いきなり其処まで飛ぶのかよ。」

「……ん…っと。   一緒に酒飲んだんだ。 
 オレ、アイツが飲めないって知らなくて…で、酔っぱらって。
 ……部屋まで連れてった。オレの。

 まだ、傷が癒える前で…そう、寒さは傷に良くないからって、ベッド貸して…。
 それから…、なんか、 自分が世話焼きなのに驚いたり、

  あいつが  ………むしょうに、  可愛く見えてしまったりして。


  何ニヤニヤしてんだよ。」



――――あ、いえいえ、別に。どうぞ、続けてwww


「……。

  ……で、 暫くして……。 アイツが他のヤツに構われたりしてるのを見ると、何か…こう。
 ―――― イラッとして。」


――――  ヤキモチですなぁ。(ニヤニヤ)


「……聞いてないなら喋らんぞ。」


――――  あ、ゴメン。 続けて!


「……で…その。一緒に仕事に出たとき、 アイツに攻撃が当たりそうになって…咄嗟に庇ってる自分に気づいたりして。

 ……守りたいって、思ったんだ。 …なんか、側にいたいって。


 苦しそうに生きてるように見えたアイツの苦しみを、オレが少しでも軽くしてあげられたら、って。

 そんなの、単なるエゴだけど。 でも、それでも一緒にいたいって思った。



  ―――― そのときかな、 あいつのコトを、本気で愛したのは。」



――――  なるほど。 では、その後のことを詳しく!



「…何話せって?」


――――   色々。フフフ。



「…まあ、紆余曲折あって、プロポーズもした。

 なんか、とばしまくったけど、子供も出来た。

 正確には、拾った子供なんだけどもな。


 目下、家を買うために貯金中。 危険なことをして、アイツを泣かせないコトも、目標のウチ。


 それから、  色々とカタをつけて。家族3人で、のんびり暮らそうと思ってる。


  そんなトコ、かな。」




―――― 色々背後のウサ晴らしに付き合わせて悪いね、ジェオ。
           今回限りだと思ったら大間違いだぞおまえ(笑顔)




「――――  はぁっ!?  他に…何話せって言うんだ…!」



ってな感じで。
無駄に長くてゴメンね(笑




スポンサーサイト
【2006/11/03 00:22】 | キャラ語り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<つかれた。。。そして リンクのご報告。 | ホーム | 勇者バトン!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lucediluna.blog70.fc2.com/tb.php/60-a370f721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。