スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
たまにはSS何かも。
何となく、ずーっと書きたかった 10人目。
アーネイトのSSをちょっとだけw

アレです、長いので。そしてこう、アレでアレなのでアレです(何)

秘密になってるかなってないかはアーネの態度で解りますかも知れなくもない(何)

――――――――――――――――――――――――――――――――

――――冬にしては暖かい風が吹くある日。

 ――――コレは、或る姉妹のお話。

 有翼種の中でも、金糸雀色の羽を持つ種族。
 姉妹は芝居小屋の裏手で、のんびりと文字通り羽を伸ばしていた。

 少年のような面差しと、ショートカットの髪のほうが妹。
 凛とした美しい姿と、腰辺りまで綺麗に伸びた髪の姉。
「アリス姉さん…」
「…何かしら?」
「あのね、あの…、ちょっと聞きたいことがあって…」
 少年、もとい少女は姉に声をかけ、隣に座った。
「めずらしいわね、アンネがわたくしに聞きたいことだなんて」
「…ン…、あのさ……、姉さんは…」
 妹はすっと目線を地面に送り、其処へ語るように、ポツリと呟いた。
「…恋をしたことはある?」
 姉はニコリと微笑んで
「わたくしは、恋愛劇の看板を背負っているのよ? 恋をしないで恋い焦がれる娘の役は出来ないわ」
 そう言い、妹の頭を撫でた。
 途端に顔を上げ、頬を染めて目尻にうっすら涙を溜め、妹は姉に泣きつくように叫んだ。
「……姉さんっ、アタシ…どうしたらいいか教えて欲しいんだ…!」
「落ち着いて、話してご覧なさい?」
 諭すように優しく頭を撫でて、姉は微笑んでみせる。
「…どうしよう…、アタシ…、……何か…恋を、したみたいなの…」
 一瞬驚くような顔をした姉は、途端に嬉しそうに微笑んだ。
「あらあらあら。アンネはいつまで経ってもそんなそぶりがないから、ずっと少年役を演り続けるのかと思って、姉様心配だったのよう!」
「…姉さん、アタシ真面目に話してるんだけどッ!」
「あらあら、御免なさい」
 顔を赤くして言う妹に、姉はおどけたように笑った。
「どうしたら良いんだろう…、好きすぎて…アタシ最近…おかしいよ…」
 その場で身体を縮めて座り出す妹。
「姉さんだって、あなたの様な恋愛をしたわ? ちょっぴり苦しくて…でも楽しい恋」
「姉さんは…綺麗だし、スタイルだって良いし…、苦しい恋なんかしてないと思ってた…」
「買いかぶり過ぎよ、アンネ。…私の初恋の人は…未だにこの一座にいて、素敵なパパをしてるわよ?」
「―――― 姉さんを振ったって事?!」
「いいえ、違うわ。 その時には既にパパだったの。だから、私の気持ちは何一つ告げてないわ」
「……アリス姉さんでも…、そんなに悲しい思いをしたなら…」
 更に縮こまる妹の背を、姉が優しく撫で。
「アンネ? あなたは少し、自分に自信を持ちなさい? あなたにはあなたにしか無い魅力があるのよ? その人を好きなら、後悔がないように、しなさい?」
「……ウン。 …でも……自信なんか…」

―――― ゴツッ。

 鈍い音。姉のげんこつが炸裂したのだ。
「いたぁっ!!」
 頭を押さえてうずくまる妹。
「今、なんと仰いまして?」
「…自信が無」
 ゴツッ。二発目である。
「痛いよぉっ!」
「良いこと? 自分に自信が無くて、上を目指し精進するのは役者のつとめですわ。ですけど、後ろを向いても何も始まりませんことよ?」
 弱音を吐きそう――もっとも今は姉のげんこつの痛みが勝っているが―――な妹の顔を見ながら、拳を握りしめる姉。
「次に後ろ向きなことを言ったら、またゲンコしますわよ?」
「――――姉さん、意外と過激よね」
「うふふ。愛の鞭ですわ」
「ありがと。ちょっと元気出た」
「どういたしまして…」


 或る暖かい冬の日。
 晴れた昼下がりのコト――――







――――――――――――――――――――――――――――――――

…長ッ!!ww
スポンサーサイト
【2007/02/09 01:18】 | PCの呟き&SS | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<NPCの話 | ホーム | キャラのイメージソング探しを>>
コメント
わあ、有り難うございます!!
【2007/02/13 20:24】 URL | まひろ #41Gd1xPo[ 編集] | page top↑
アーネイトが可愛いのです。
この恋が実りますよう、陰ながらお祈りしております♪
【2007/02/12 19:46】 URL | 浪漫飛行 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lucediluna.blog70.fc2.com/tb.php/85-6c0dd71d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。